まとめニュース倉庫

当サイトは、ニュース・事件・事故・芸能・金融・投資・仮想通貨・スポーツ・ゲームなどに関する情報を5chやTwitterの声をまとめています。

    2020年06月



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 影のたけし軍団 ★ :2020/06/28(日) 16:16:27.53

    東京でも新型コロナウイルスの感染者が多い日が続いていますが、世界的に見ると日本は感染者も死者数も少なく、
    海外からも注日されています。

    その要因と最新の研究について解説します。


    人工100万人あたりの死者数をみると、イギリス、イタリアでは500人を超えています。次いでアメリカ、ブラジルも多いのですが、
    日本を見ると100万人あたり7.61人。 韓国や中国も一桁台で、欧米と比べるとアジアの死亡率は極端に低いことが見て取れます。

    海外でも、この死亡率の低さは非常に注目されています。

    オーストラリアでは『日本は次のアメリカやイタリアになるかと思われたが、日本のコロナ対策の成功はミステリー』(豪ABS)。

    イギリスでは『大惨事の寸前から一転、成功へ。日本のコロナ対策』(英ガーディアン) と報じられています。

    日本は他の国に比べてPCR検査数も少なく、ロックダウンも行わないなど、外出規制も緩かった。
    それにも関わらず、感染者数も死亡率も欧米より低いのは大いなる謎だと見られています。

    これは一体なぜなのか。何か理由があるはずだとして、京都大学iPS細胞研究所・山中伸弥教授は、これを「ファクターX」と呼んでいくつかの仮説を紹介しています。

    ファクターとは「要因」という意味です。

    さらに、日本人が感染しても重症化しにくく、死亡も少ない要因としては 『国民皆保険が整備されていて誰でも医療が受けやすく、
    医療水準そのものが非常に高い』 『欧米に比べ肥満率が低い』 『遺伝的な要因』というものも考えられています。

    この『遺伝的要因』が、今、日本の死亡率の低さを解明するカギとなるかもしれない、として非常に注目されています。
    https://www.ntv.co.jp/news_covid19/articles/593kvklsxuou8y8fmol.html


    【【新型コロナ】 日本で “死亡率” が低いナゾ  解明のカギを研究へ ・・・!】の続きを読む



    1 鬼瓦権蔵 ★ :2020/06/28(日) 15:49:52.74

    https://news.livedoor.com/article/detail/18486507/


    喫茶店のモーニングセットといえば、珈琲にトーストといったスタイルがスタンダードだろう。

    だが大阪市西成区のとある居酒屋では、お酒とつまみのセットを朝から提供しているらしい。それを「西成モーニング」というそうだ。

    こちらをご覧いただきたい。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    こちらはツイッターユーザーの薔薇園花江さんが2020年6月16日に投稿した写真。
    「西成酒場 成り屋」という立ち飲み屋の前で撮影した看板の写真で

    「西成モーニングにすべきか...普通のモーニングにすべきか...」

    と呟く。
    看板を見ると開店する9時から12時まで、お酒か珈琲(紅茶)のモーニングサービスが提供されるという。

    日本を代表するディープスポットとして知られる西成。看板を見たユーザーからは、ツイッターに

    「アル中モーニング」
    「さすが西成やでぇ!」
    「西成モーニングは夜勤明け看護師さんたちに喜ばれるかも...」
    「経験上夜勤明けか昼勤かで決まる」

    といった反応が寄せられている。

    巨峰酎ハイにゆで玉子と筑前煮がついて350円
    看板を撮影した薔薇園花江さんは、ツイートが話題になったことを受けて、実際に店を訪れて西成モーニングを注文したという。
    巨峰酎ハイにゆで玉子と小鉢の一品。これで350円(税込)だったそう。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    18日、Jタウンネットが薔薇園花江さんに詳しい話を聞くと、

    「お店の中で経験したことをみんなに報告しようと思ってお店を利用しました。普段は朝からお酒を飲む人間ではありませんが、これだけバズったので皆さんの期待に応えようと思って西成モーニングを注文しました。朝から酒を飲んでダメな人間になってみたいと思いました」

    西成のモーニングは、お酒と決まっているのだろうか。大阪出身だという彼女に、ポピュラーなものなのかと聞いてみると

    「西成は他のところでもお酒を出すモーニングというのがあるらしいですね。でも私はここの店しか知らないです」

    という。

    もう少しだけ「西成モーニング」について知りたいと思ったJタウンネット。「成り屋」の店主に話を聞いてみることにした。

    なぜ「西成」と「A」モーニングでわけているのか
    23日、Jタウンネットは成り屋の女将・日?裕美さんに取材した。

    朝から飲める「西成モーニング」を提供している理由を聞いてみると...。

    「西成の土地柄、朝から開いているお店が多いです。そのため朝から飲む人たちが多いんですね。例えば日雇いの人やホームレスのかた、年金生活の人。とにかく朝から飲める街で有名なので様々な人が来店します。
    そんな方たちに向けてお酒とゆで玉子、日替わりの一品を付けた『西成モーニング』を提供しています」



    女将さんによれば、朝から飲める「西成モーニング」のセットを提供しているのは、成り屋だけでなく、他にも何店かあるという。
    老若男女が朝からワイワイ過ごすのが西成の特徴なのかもしれない。


    【【大阪】「アル中モーニング」 「さすが西成」と言わざるを得ないモーニングセットがこちらです ・・・】の続きを読む



    1 しじみ ★ :2020/06/22(月) 18:07:20.70

    「今回の気象庁のコメントはとんでもないと思います」。

    記者に届いた深夜のメールは、これまでにない怒りがにじむものだった。差出人は火山研究の第一人者で噴火予知連絡会の元会長、東京大学の藤井敏嗣名誉教授。怒りをあらわにしたのは、桜島で大きな噴石=火山弾が集落近くに落下したことが判明したあとの気象庁の対応についてだ。何が温厚な火山学者を怒らせたのか。問題を探る中で見えてきたのは火山防災をめぐる科学の限界だった。

    ■集落の近くに出現した“クレーター”

    このクレーターが見つかったのは海岸沿いに点在する集落からわずか100メートルほどの林の中。火口から放出された推定50センチ~1メートルの火山弾が深く地面をえぐった穴を見て「もし住宅を直撃していたら…」と身震いを抑えられずにいた。

    爆発が起きたのは6月4日午前2時59分。高感度カメラの映像では、赤く熱せられた多数の噴石が山の斜面に次々と落下。
    鹿児島地方気象台は映像などをもとに「大きな噴石が飛んだ距離は火口から2キロ以内」と発表。噴火警戒レベルは住民の避難を必要としない「3」が維持された。この時はまだ、事態が一転するとは誰も思っていなかった。

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    <4時間後>
    爆発から4時間後の朝7時。桜島はいつもと変わらない朝を迎えた。島内の建設会社の社長、松元勝起さんは、従業員3人とともに資材置き場に集合していた。
    そのとき、屋根にあいた穴に目がとまった。大きさは20センチほどで鉄骨の骨組みの一部もへこんでいる。
    「いたずらにしてはおかしい」。

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    松元さんの脳裏には、噴石が飛んできたのか?という考えもよぎったが、ここは南岳の火口から南南西に約3キロ。噴石が飛んできたことはなく、半信半疑のままその日を過ごした。

    <翌日>
    翌5日昼。屋根の穴が気になっていた松元さんが周辺を調べたところ、資材置き場にほど近い林の中に、ぽっかりとあいた大きな穴を見つけた。あたりには石が転がり、*かに焦げたようなにおいもする。「噴石か」と疑ったが、人為的に掘られたものかもしれないと自信が持てずにいた。

    ■命に関わる火山弾 34年ぶりの事態

    <4日後>
    事態が動いたのは爆発から4日後の6月8日。島内の別の地域でも直径5センチほどの噴石(火山れき)が飛んでいたことを知った松元さんの疑いは確信へと変化。鹿児島市に写真を送信すると、すぐに市や気象台の職員と専門家が現地にやってきた。
    クレーターは桜島から飛んできた噴石によるものと断定。推定で50センチ~1メートルの火山弾は衝撃でバラバラになっていた。直撃していれば命に関わる。
    気象台は大きな噴石の飛んだ距離は火口から3キロを超えていたと訂正。この距離まで火山弾が飛んだのは34年前の1986年11月以来の事態だ。

    活発な噴火活動を続ける火山島に暮らす高齢者の中には「いつものこと」と話す人もいた。一方で「雷みたいな音がして揺れ、普通の爆発ではないと思った」と答えた男性や「夫と『命の確保をしなければ』と話した」と証言した女性など、強い危機感を抱いた人もいた。

    気象庁の「噴火警戒レベル」が導入されて10年あまり。桜島では初めて、住民の避難が必要な「レベル5」にあたる事態だったが、実際には5に引き上げられることはなかった。

    ■気象庁「見逃しではない」

    同じ頃、東京・大手町の気象庁。
    社会部の担当記者(老久保)は3キロを超えて噴石が見つかったという情報を聞きつけ、詳しい情報を得ようと取材にあたっていた。
    しかし幹部たちは協議を繰り返し、正式な発表は午後9時半までずれ込んだ。地元の鹿児島放送局では夜のニュースで事態の概要をすでに放送していた。

    「レベル5の見逃しにあたる事態ではないのか」。

    見解を求めた記者は、火山課幹部の回答に耳を疑った

    続きはソースで

    NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200619/k10012475181000.html


    【「気象庁はとんでもない」学者が激怒 “火山弾”めぐる混乱か ・・・!】の続きを読む



    (出典 philippines-university.jp)



    1 虎跳 ★ :2020/06/27(土) 00:51:08.21

    女子高生らSNSでセクハラ告発

     首都圏にある著名女子大ミリアム・カレッジの付属高校に通う女子生徒らが学校での教員らによるセクハラをソーシャルメディアで告発する動きが活発となり、関連ハッシュタグも25日にトレンド入りした。
    ある女生徒は教室で居眠りしていた際に男性教員に背中をさすられたほか、二人っきりで授業とは関係のないサイトを鑑賞させられたと告発。
    別の生徒も売春とゲイについて小論文を書くよう求められたほか、卒業前に貞節宣言に署名するよう求められた生徒も出ている。(26日・アバンテ)

    まにら新聞
    http://manila-shimbun.com/tabloid/tabloid1593183600.html


    【【フィリピン】女子高生らSNSでセクハラ告発・・・!】の続きを読む



    1 Time Traveler ★ :2020/06/28(日) 15:57:47.12

     日本テレビは6月27日夜19時56分~20時54分、地上波番組「世界一受けたい授業」を放送しました。主題は「あなたのスマホがとにかく危ない!デジタル犯罪から身を守る方法」。解説者として元埼玉県警察本部刑事部捜査一課警部補が登場。


    (出典 smhn.info)


     この番組の中で、「スマートフォンのSIMカードにロックをかける方法」が紹介されました。

     SIMカードは、スマートフォン・携帯電話に差し込むカードであり、契約者の電話番号が記録されています。差し替えれば別の端末で電話・SMS・データ通信を利用することが可能。ということは、盗難などで他人がSIMカードを悪用する可能性もありえるということ。

     このため、そうした悪用を防ぐための方法として、SIMカードにPINロックをかけるというものがあります。他社スマホで利用できない「SIMロック」とは異なり、SIMカード自体にロックをかけ、他者による利用を防ぎます。

     ところが、PINコードの設定は上級者向けのテクニック。なぜなら「3回失敗するとロックがかかり、PUKコードによる解除が必要になる」「PUKコードを10回間違えるとそのままSIMカードが完全に停止され利用できなくなる」「第三者が端末を触った時に間違え続ければ利用できなくなる」などといったリスクも伴うからです。

     案の定、放送を見た人や、放送を見た人が家族に居る人が、スマホが使えなくなったと相次いで報告しています。筆者は放送内容を見れていませんが、SNSの反応を見る限り、PINコードロックをかける場合の正しい手順やリスク、失敗した場合の解決方法といった説明を省いた、不正確・不十分な放送内容であったことが伺えます。


    以下ソース
    掲載日時: 2020/06/27(土) 23:48
    https://smhn.info/202006-a-tv-program-about-sim-pin-lo*-has-been-broadcast


    【【日本テレビ】「世界一受けたい授業」スマホのSIMカードにロックをかける方法を紹介→スマホが使えなくなった人が続出 ・・】の続きを読む

    このページのトップヘ