まとめニュース倉庫

当サイトは、ニュース・事件・事故・芸能・金融・投資・仮想通貨・スポーツ・ゲームなどに関する情報を5chやTwitterの声をまとめています。

    2020年06月



    1 しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ :2020/05/29(金) 16:05:08.18

     数年前、南極で氷から放出されたと思わしき高エネルギー粒子が発見された。

     これまでの物理学の常識ではあり得ないことで、一部メディアでは、私たちが暮らす宇宙の鏡写しであるパラレルワールド(並行宇宙)の実在を示す証拠という説まで伝えられているが、その真相は?

    ■氷の中から噴出するあり得ない高エネルギー粒子

     2018年に『Physical Review Letters』で報告された問題の宇宙線シャワーは、NASAの助成によって開発されたニュートリノ無線検出器「ANITA(Antarctic Impulsive Transient Antenna)」で検出された。

     検出された高エネルギーを帯びたニュートリノは、宇宙からなら降り注いでくるが、硬い地球を貫通することはできないはずのものだ。
     
     それなのにANITAが検出したものは、宇宙からではなく、氷の中からやってきた。念のために言っておくと、氷によって反射されたものでもない。

     確かに低エネルギーのニュートリノならば地球を貫通することができる。だが、高エネルギーのものとなれば、そうはいかないのが物理学の常識だ。

     これを検出したハワイ大学のピーター・ゴーラム教授は当時、粒子物理学の標準モデルとじつに強い緊張関係にある発見であるとコメントしている。

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    ■逆さまの宇宙線シャワー

     そのANITAが最初に氷の中からやってくる高エネルギー粒子を検出したのは、2006年と2014年のことだ。だが、このときはノイズが原因であるとして、正しい観測データとはみなされなかった。

     ところが、さらに2016年にも観測されたデータをゴーラム教授らが詳しく調べてみると、まるで足元から吹き出してくる「逆さまの宇宙線シャワー」であるらしいことが判明。

     ゴーラム教授によれば、一見したところ氷に反射した宇宙線のようだが、そうではなく、奇妙なことに「まるで氷自体から放出されたかのようだった」という。

    UH professor’s Antarctica discovery may herald new model of physics
    (出典 Youtube)


    ■鏡写しのパラレルワールドの証拠なのか?

     これに関連して、『New Scientist』をはじめとするいくつかのメディアでは、この逆さまの宇宙線シャワーは並行宇宙の実在を示す理論的証拠であると伝えている。

     それによると、高エネルギー・ニュートリノは時間を逆行してそこまで到達したのだという。そしてニュートリノが時間を逆行するには、私たちが暮らす宇宙と同じビッグバンで誕生したあべこべの宇宙が並行して存在していなければならないらしい。

     並行宇宙では何もかもがあべこべだ。正は負で、右は左で、物質は反物質で作られ、時間すら逆方向に流れている。まるで鏡写しのような世界だ。


    ■果たして本当にパラレルワールドの証拠なのか?

     非常に興味深い話だが、メディアの誤解であるというのが真相であるようだ。実際ゴーラム教授は、並行宇宙起因説が自身の研究とはまったく無関係である旨を表明している。

    この並行宇宙に関連する話は、私たちが考案したわけではありませんが、そういうことにされてしまいました。これはメディアの誤解です。それが私たちの説だということになって、残念ながら話が広まってしまいました

    と、ゴーラム教授は話す。

     では、問題の逆さまの宇宙線シャワーは何なのだろうか?

     『Science Alert』の解説によれば、それはANITAがニュートリノを観測する方法と関係しているという。

     ニュートリノは素粒子の1種で、中性のレプトンを指す。まるで幽霊のような粒子で、普通は物質にぶつかることなど滅多にないために、検出が非常に難しいものだ。

     しかし宇宙で生じた強烈な爆発で発生したニュートリノならば、高いエネルギーを帯びているために、普段よりは物質と干渉しやすい。

     気球のようなANITAは、南極上空を浮遊しながら、こうした高エネルギーのニュートリノが氷にぶつかったときに生じる二次粒子のシグナル(アスカリャン効果)を検出する。言うなれば、南極の氷を丸ごと巨大な望遠鏡として利用するようなものだ。

     通常、高エネルギーを帯びたニュートリノは宇宙から降り注ぎ、地球の方向からやってくるはずがない。それなのにそう見えたというのなら、氷に衝突する前に、何か別のものにぶつかった可能性が高いだろうという。

    続きはソースで

    http://karapaia.com/archives/52291234.html


    【【研究】パラレルワールド(並行宇宙)の証拠か? 南極で氷から放出されたと思わしき宇宙線が観測される・・・!】の続きを読む



    (出典 www3.nhk.or.jp)



    1 サーバル ★ :2020/05/31(日) 16:17:25.73

    NITE=製品評価技術基盤機構は、新型コロナウイルスの消毒目的で利用が広がっている「次亜塩素酸水」について、現時点では有効性は確認されていないとする中間結果を公表しました。NITEでは噴霧での使用は安全性について科学的な根拠が示されていないなどとして控えるよう呼びかけています。

    NITEなどはアルコール消毒液に代わる新型コロナウイルスの消毒方法の検証を進めていて、29日「次亜塩素酸水」についての中間結果を公表しました。


    ※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200529/k10012450841000.html

    このスレッドの★1は→ 2020/05/29(金) 18:53:36.21
    前スレ

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590757262/


    【【新型コロナ】「次亜塩素酸水」現時点では有効性は確認されず…NITEが公表 いったい何が効くのやら?】の続きを読む

    このページのトップヘ