まとめニュース倉庫

当サイトは、ニュース・事件・事故・芸能・金融・投資・仮想通貨・スポーツ・ゲームなどに関する情報を5chやTwitterの声をまとめています。

ニュース



(出典 assets.media-platform.com)



1 1号 ★ :2020/07/23(木) 15:19:08.58

 22日に始まった観光支援の「Go To トラベル」。新型コロナウイルスの感染拡大防止と観光需要の両立に注目が集まるが、那覇空港では発熱者を割り出すサーモグラフィーの担当スタッフが、強制力を伴わない検査態勢に苦慮。「30~40分で結果が判明する」と玉城デニー知事が打ち出した唾液の抗原検査は、23日へ持ち越しとなり、空の玄関口は多難な船出となった。

 「逃げられました」。午後0時5分。国内線到着口B付近で、サーモグラフィー担当者2人が慌てだした。カメラが37・5度以上の発熱を感知。スタッフが該当する男性を呼び止めて検温を求めたが、男性は応じず、その場を去った。「モニターに映る男性が真っ赤だったので熱はあるはず。でも強制はできないのが現状。うーん。難しいですね」。対応した男性スタッフは困り顔だった。

 7分後。今度はリュックを背負ったマスク姿の男性の熱を感知した。スタッフはゴム手袋とフェースガードを着けて男性を近くのテーブルへ誘導。検温の協力を求めた。測定結果は37・3度だった。「機内が暑かったからだと思う」。新婚旅行で妻と来県したという男性(27)=福岡県=は「体調は問題ないし、呼び止められてびっくりした。何事もなくて良かった」と安堵(あんど)。足早に空港を去った。

 サーモグラフィーは、手荷物受取所から出てきた観光客らを撮影する。平熱の場合、モニターには地肌の部分が白く映るが、熱を帯びている場合は赤くなる。スタッフは色の違いを見落とさないようにモニターを注視し続ける。

 画面上で確認できる時間は長くて3秒。早歩きの人もいる。大人数が一気に出て来て混み合うと、人が重なり合い、識別できない場面もあった。あるスタッフは22日から導入されるはずだった唾液の抗原検査について「まだ詳しい説明を受けていない」と不安視。撮影ポイントなどの設定作業に追われた。

2020年7月23日 10:15
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/605016
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595481517/


【【沖縄】「逃げられました」那覇空港のサーモグラフィーで37.5℃以上の発熱を感知した男性が検温を拒否し逃走・・・!】の続きを読む



(出典 imagel.sekainavi.com)



1 鴉 ★ :2020/07/22(水) 15:21:53.64

2020年7月20日、韓国・聯合ニュースは、ある中学校で給食の残り物を数回にわたって再利用してきたという疑惑が持ち上がり、教育当局が実態把握に乗り出したと報じた。

記事によると、全国学校非正規職労組江原支部は同日、江原道教育庁で記者会見を開き「道内のある中学校の栄養士が、デザートのパイナップルを翌日のステーキソースに、前日に残ったロースステーキをサムギョプサルのコチュジャン焼きに混ぜて再利用した」などと主張した。また、3日前に出したメロンをフルーツポンチにしたり、一度出したフルーツミックスを1週間以上冷凍庫に入れて再利用したりもしたという。

労組はまた「栄養士は『近々検閲を受けるから、合図をしたら片付けろ』と調理師らに指示した」と隠蔽(いんぺい)疑惑も指摘。この他にも揚げ物用食用油の過度な再利用、食材の常温放置など13件の違反事例を公開し、食品衛生法と学校給食法違反から教育当局に監査を求めたという。

これを受け、道教育庁は地域教育支援庁と共に当該学校を訪問し、実態把握に乗り出した。労組の主張に対し栄養士は「一部事実を認めるが、誇張や歪曲(わいきょく)された部分が多い。監査担当者から調査を受けているが、常習的な再利用については事実ではない」と反論したという。


食品衛生法施行規則では「食品接客業営業者は、食べ残しや陳列あるいは提供した食べ物については、再び使用・調理あるいは保管(廃棄用という表示を明確にして保管する場合は除く)してはならない」となっている。ただし、韓国食品医薬品安全処長がインターネットのホームページに別途掲示した食品については、再利用・調理あるいは保管できる」と定めているという。

これに韓国のネット上では「配膳数は決まってるのだから、そこまで食材が余るというのは計算ミスか、あまりにもまずいか翌日分を大目に作ったか。どれにしても問題あり」「再利用しないでフードバンクに送るべきだった」など批判的な声が上がっている。


一方で「傷んだ物や食べ残しを再利用したわけでもないし、これのどこが悪いの?」「異常のない食べ物を捨てろって?」「みんな家でも再利用するよね?。調理師が在庫管理を徹底し過ぎだから、給食のおばさんたちが問題点をまとめて告発したのでは」など擁護意見も。

また、「学校で予算を節約しなさいと圧力をかけたとか?」「裏には不正があるはず」などと推測するコメントや「最近コロナのせいで食材廃棄が問題になってる」「食べ物がもったいない。お弁当にすべき」などの声も上がっている。(翻訳・編集/松村)
https://news.nifty.com/article/world/china/12181-822289/


【【国際】韓国の学校給食の実態 残り物を数回にわたって再利用してきたという疑惑浮上・・・!】の続きを読む



1 爆笑ゴリラ ★ :2020/07/22(水) 15:03:04.26


7/22(水) 6:20
ロイター

コロナワクチン「原価では販売せず」、米製薬2社が明言
米バイオ医薬のモデルナと米製薬メルクの幹部らは21日、議会で証言し、新型コロナウイルスワクチンについて、承認が得られれば原価を上回る価格で販売すると明言した。ロンドンの研究施設で3月撮影(2020年 ロイター/IMPERIAL COLLEGE LONDON)
[21日 ロイター] - 米バイオ医薬のモデルナ<MRNA.O>と米製薬メルク<MRK.N>の幹部らは21日、議会で証言し、新型コロナウイルスワクチンについて、承認が得られれば原価を上回る価格で販売すると明言した。

メルクのジュリー・ガバーディング氏は「当社としてワクチンを原価で販売するつもりはない。ただ原価基準が判明するのはまだまだ先の話で、時期尚早だ」と語った。モデルナの幹部も同様に、原価で販売しない方針を示した。

こうした中、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>と英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>の幹部らは、利益の出ない価格でワクチンを販売すると明言。販売価格を巡る方針の違いが浮き彫りになった。

米ファイザー<PFE.N>のジョン・ヤング氏は「異例の事態であると認識しており、それを踏まえて価格を決定する」とした。同社はこれまで、原価を上回る価格でワクチンを販売する意向を表明していた。


(出典 amd.c.yimg.jp)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200722-00000026-reut-bus_all

★1が立った時間 2020/07/22(水) 08:02:42.69
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595372562/


【【アメリカ】コロナワクチン「原価では販売せず」、米製薬3社が明言・・・・】の続きを読む



(出典 www.newsweekjapan.jp)



1 田杉山脈 ★ :2020/07/18(土) 19:13:15.53

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、たばこを吸う男性の割合は2019年で28.8%だった。3年前の前回調査から2.3ポイント減少し、初めて30%を切った。女性は0.7ポイント減の8.8%。年代別では、男女とも20代の減少幅が最も大きかった。

20代の喫煙率を男女別に見ると、男性は4.1ポイント減の27.0%、女性は1.9ポイント減の8.3%だった。喫煙率が最も高かったのは男女ともに40代で男性は37.6%、女性は13.4%だった。

男性全体の喫煙率は01年では48.4%に上っていたが、減少傾向が続いている。今年4月には受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が全面的に施行され、飲食店や職場、ホテルのロビーなど不特定多数の人が利用する施設が原則禁煙となった。

20歳以上で「毎日吸っている」「時々吸う日がある」と回答した人を喫煙者として集計した。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61668740X10C20A7000000/?n_cid=SNSTW001


【【社会】たばこ吸う男性、30%切る 20代男女の減少幅最大・・・!】の続きを読む



(出典 amd.c.yimg.jp)



1 ブルーベリーフラペチーノうどん ★ :2020/07/22(水) 13:48:54.13

【7月22日 AFP】米カリフォルニア州にあるレストランが、従業員のマスク着用など新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を拒否し、来店した客にもマスクをしないよう要求したため、当局に苦情が殺到している。マスクをして入店し、追い出された客もいたという。

 渦中のレストランは、同州北部サクラメント(Sacramento)の北東約65キロ、プラサービル(Placerville)市にある「アップル・ビストロ(Apple Bistro)」。多くの客からの苦情を受けた市当局は21日、同店に警告を発した。

同店では入り口のドアに、新型ウイルス対策に関する立場を述べた張り紙を掲示。張り紙には無愛想に「社会情勢はどうでもいい。酸素が吸えないマスクもなし。ウイルスをまき散らすゴム手袋もなし」「ここでは一切必要なし。嫌ならお帰りください」と書かれていた。

 同店があるエルドラド(Eldorado)郡の広報担当者はAFPに対し、過去数日間で同店とマスクに関して50人以上から苦情が寄せられたため、保健指導員が訪問することにしたと述べた。すでにレストランの共同経営者や所有者と面会し、従業員にマスク着用を義務付けるにはどうすればよいか話し合ったという。もしも同店が条例に従わなかった場合、営業停止が命じられる可能性もある。

https://www.afpbb.com/articles/-/3295114?act=all


【【嫌なら帰れ】マスクした客は入店拒否…レストランめぐり苦情殺到 米カリフォルニア ・・・!】の続きを読む

このページのトップヘ