まとめニュース倉庫

当サイトは、ニュース・事件・事故・芸能・金融・投資・仮想通貨・スポーツ・ゲームなどに関する情報を5chやTwitterの声をまとめています。

IT・ゲーム



(出典 www.asere.com)



1 ムヒタ ★ :2020/07/11(土) 06:07:54.27

【シリコンバレー=白石武志】米アマゾン・ドット・コムが従業員に対し、中国系企業が運営する人気動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」をスマートフォンなどから削除するよう指示したことが10日、明らかになった。「セキュリティー上のリスク」が理由だとしている。

アマゾンは従業員に送った電子メールの中で、同社のメールシステムにアクセスするすべての端末から10日中にティックトックのアプリを削除するよう求めている。パソコンのブラウザー(ネット閲覧ソフト)からは引き続きティックトックのサービスを使えるとしている。

アマゾンの公式コメントは得られておらず、具体的にどういったリスクが見つかったのかは明らかになっていない。ティックトックの広報担当者はアマゾンから事前連絡はなかったといい、「我々はまだ彼らの懸念を理解していないが、対話は歓迎する」と述べた。

米調査会社ワラルーメディアの推計によると、ティックトックの月間利用者数は6月時点で世界で8億人に上る。米国でも6500万人が利用中とされるが、同アプリは中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)の米子会社が運営しており、安全保障上の脅威とみる見方が広がっている。

インド政府は6月29日、ティックトックなど中国系を中心に約60のアプリの利用を禁止すると発表した。ポンペオ米国務長官も7月6日放送の米FOXニュースのインタビューで、米国内での利用禁止を検討していると明らかにしていた。ティックトックの広報担当者は「中国政府にユーザーデータを提供したことはないし、求められたとしてもそうすることは決してない」としている。
2020/7/11 5:12 (2020/7/11 5:33更新)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61419300R10C20A7I00000/


【【IT】米アマゾン、従業員に「TikTok」アプリの削除指示 ・・・!】の続きを読む



(出典 response.jp)



1 ムヒタ ★ :2020/07/09(木) 07:59:03.02

【シリコンバレー=佐藤浩実】米半導体大手エヌビディアの株価上昇が続いている。8日終値ベースの時価総額は2513億ドル(約26兆9400億円)となり、老舗の米インテル(2481億ドル)を初めて上回った。米半導体メーカーの首位が入れ替わるのは6年ぶり。世界では台湾積体電路製造(TSMC)、韓国サムスン電子に次ぐ3位となる。

エヌビディアは最高経営責任者(CEO)のジェンスン・ファン氏らが1993年に設立し、99年にナスダックに上場した。当初はゲーム用の画像処理半導体に特化していたが、2015年ごろから大規模で素早い処理を求める人工知能(AI)計算に技術を応用し始めた。画像や音声認識の開発が進むとみて、株式市場が注目し始めたのもこの時期からだ。

18~19年の業績は仮想通貨ブームに翻弄されたものの、AI関連の事業は堅調に拡大を続けた。足元で市場の評価を集めているのも、5月に出荷を始めた新設計のAI用半導体だ。データセンターで使うと、従来品と比べて最大20倍の処理性能を出せるという。米グーグルなどが採用し、成長期待から株価は8日まで5日連続で最高値を更新した。

一方、売上高ではエヌビディアの6.6倍あるインテルの株価は直近1カ月で約7%下げた。米アップルがパソコン「Mac(マック)」のCPU(中央演算処理装置)を自社開発品に切り替えると表明したほか、「ドル箱」のデータセンター向け半導体でもエヌビディアや米アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)が攻勢をかける。競争が激しくなるとの懸念が株価の重荷になっている。

インテルはIT(情報技術)バブルのさなかだった1999年と2000年に米テキサス・インスツルメンツ(TI)に、スマートフォン市場の成長が著しかった12~14年にかけては米クアルコムに、米半導体メーカーとして時価総額のトップを譲った時期がある。ただ過去30年間の大半は首位に立っており、再び盛り返せるかが焦点となる。
2020/7/9 6:11 (2020/7/9 6:51更新)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61314490Z00C20A7000000/


【【IT】エヌビディアの時価総額、インテル抜く 米半導体首位に躍り出る ・・・!】の続きを読む



(出典 enewsplanet.com)



1 田杉山脈 ★ :2020/07/07(火) 16:10:07.24

Fraunhofer Heinrich Hertz Instituteが、Windows/macOS/Android/iOSといった各種OSでデフォルトでサポートされている動画圧縮規格「H.265/HEVC」の次世代規格となる「H.266/VVC」を発表しました。「H.266/VVC」はデータの圧縮効率を改善し、約50%ビットレートを削減することが可能となります。

記事作成時点で、インターネットトラフィックの80%を占めているのが圧縮されたムービーデータです。Fraunhofer Heinrich Hertz Instituteが発表した新しい動画圧縮規格「H.266/VVC」を使えば、SD・HD・4K・8Kといったあらゆる解像度のムービーデータ容量を、既存の「H.265/HEVC」と比べて約50%も削減することができます。

Fraunhofer Heinrich Hertz Instituteがリリースしてきた「H.264/AVC」および「H.265/HEVC」は、100億台以上のデジタル端末で利用されている動画圧縮規格で、全世界の約90%以上のムービーデータを圧縮処理しています。これらと比べて圧倒的にデータ圧縮効率の高い「H.266/VVC」は、データ容量の限られているモバイルネットワークでのムービー伝送をより効率的にすることが可能です。例えば「H.265/HEVC」で90分の4K(3840×2160)解像度のムービーファイルを作成すると、データ容量は10GB程度になります。しかし、「H.266/VVC」で同じ条件のムービーファイルを作成すると、データ容量は5GBと約半分に抑えることが可能です。
https://gigazine.net/news/20200707-h-266-vcc/


【【IT】「H.265/HEVC」と同じ画質でファイルサイズを50%削減できる次世代動画圧縮規格「H.266/VVC」が登場 !!】の続きを読む



1 爆笑ゴリラ ★ :2020/07/06(月) 15:16:00.44

7/6(月) 12:44
CNN.co.jp

米ツイッター、プログラム用語の「マスター」「スレーブ」の利用停止
ツイッターが自社のコードで「マスター」や「スレーブ」といった用語の利用を停止する方針を示した
ロンドン(CNN Business) 米SNS大手ツイッターが、「マスター」や「スレーブ」「*リスト」といったプログラム用語の利用を取りやめることがわかった。エンジニア2人がより包括的な言語の利用を呼び掛けたことを受けた措置。

黒人男性のジョージ・フロイドさんが死亡した事件を受けて、使用している用語を変更する動きが出てきている。

ツイッターのエンジニアリングチームの責任者マイケル・モンタノ氏は、コードや設定、ドキュメンテーションなどに包括的な言語を採用するとの方針を明らかにした。

「マスター」と「スレーブ」は片方がもう片方をコントロールするようなプロセスを示す際に使われる。「*リスト」は禁止されたIPアドレスなど自動的にブロックされる項目の一覧表などを指す。

ツイッターによれば、「マスター」と「スレーブ」は「リーダー」と「フォロワー」、あるいは「プライマリー」と「レプリカ」といった用語に置き換わる。「*リスト」は「ディナイリスト」になるという。

金融大手JPモルガン・チェースも内部文書から「マスター」「スレーブ」「*リスト」といった用語を排除する。


(出典 amd.c.yimg.jp)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200706-35156321-cnn-int

★1が立った時間 2020/07/06(月) 13:29:45.87
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1594009785/


【【IT】米ツイッター、プログラム用語の「マスター」「スレーブ」の利用停止か・・・】の続きを読む



(出典 d3a3a5e2ntl4bk.cloudfront.net)



1 ムヒタ ★ :2020/06/12(金) 12:53:11.36

 米Intelは11日(現地時間)、著名CPUアーキテクトのジム・ケラー氏が、一身上の都合によりIntelから辞職したことを発表した。

 同氏はIntelには2018年4月に入社し、約2年に渡って製品のリーダーシップを努めてきた。なお、辞任後も6カ月間にわたってコンサルタント役を務める。

 ジム・ケラー氏はIntelに入社する前は、自動運転車開発企業のTeslaに在籍し、それ以前はAMDでZenマイクロアーキテクチャの開発を牽引した。

 AMDに入社する前は、P.A. Semiの副社長を努め、2008年にAppleに買収されたあと、iPhone 4に採用されたA4/A5プロセッサの開発に携わった。さらにそれ以前はAMDでK7/K8プロセッサの開発や、DECでのAlpha 21164/21264プロセッサの開発を行なうなど、半導体業界では多くの功績を残している。

 なお、同氏は8月に開催予定のHot Chipsで基調講演を行なう予定であったが、今回の辞職によりそれが不透明になったといえるだろう。

 今後、Technology Systems Architecture and Client Group(TSCG)はVenkata Renduchintala博士が率いることになる。

 また、IPエンジニアリンググループはSundari Mitra氏、XeonおよびネットワーキングエンジニアリンググループはGene Scuteri氏がリーダーを務める。このほか、SoCおよび次世代クライアント/デバイス/チップセット製品の設計はDaaman Hejmadi氏、製造/製品エンジニアリンググループはNavid Shahriari氏が率いる。
2020年6月12日 10:22
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1258572.html


【【IT】CPUアーキテクトのジム・ケラー氏がIntelを辞職 ・・・】の続きを読む

このページのトップヘ