まとめニュース倉庫

当サイトは、ニュース・事件・事故・芸能・金融・投資・仮想通貨・スポーツ・ゲームなどに関する情報を5chやTwitterの声をまとめています。

IT・ゲーム



1 馬鹿島 ★ :2020/05/04(月) 09:34:33.93

邪道な使われ方は出会い系だけではなかった。「コロナウイルスが拡大している中、不要不急の外出をせずに簡単に稼げます」と語るのは、マスクをはじめ品薄な商品を中心に転売を行い、利益を得る“転売ヤー”のA氏だ。

「巣ごもり生活はチャンスでしかない」

「どうぶつの森で出会いを求めてプレイしている人を“出会い厨”と呼ぶのですが、出会いを求める人も居れば、ゲームを使いお金を稼ぐ人もいます。“転売厨”っていうんですかね。でもゲームをしているだけでお金を稼げるなら良いと思っています。
さらに今、コロナウイルスの影響で仕事が減ったりする中、自宅にこもり不要不急の外出をせずに稼ぐのは良いと思いますね。さらに逆に言えば、ゲーム人口は増え購入者が増えている。チャンスでしかないですよ」(A氏)

その手法は、ゲーム内でのアイテムを売ることだと話す。

「僕らはゲーム内のアイテムを売って稼いでいます。ゲーム内の家具や同じ島に住んでくれる住民を売ることもできるのですが、一番効率が良いのはアイテムの1つ『マイル旅行券』を販売することなのです。販売するとき誤差はありますが1枚5円くらいになってしまうのですが、大量に集めて売るのです。

「Twitterで『マイル旅行券を販売します』と拡散すると、意外と欲しいという方がたくさんいます。大体100枚単位で売っているのですが、100枚1000円とかですかね。
あとはTwitterだと詐欺などを心配される方が多いので、メルカリやラクマなどのフリマサイトでも販売しています。まだあまり知られていないですが、売れていますよ」(A氏)

しかしメルカリでは、〈ゲームアカウント等の電子データは、取引後に該当アカウントが利用できなくなる等のトラブルに繋がるおそれがあるため、メルカリでの出品を禁止しています。
違反を確認した場合は取引キャンセル・商品削除・利用制限となる場合があります〉と利用ガイドに記載されている。禁止商品の中に詳細に「ゲーム内通貨やアイテム」と明確に記載もある。ラクマでも同様に禁止されている。

「もちろんメルカリが禁止していることは知っています。ですから運営に見られないように販売する時間を限定しているのです。
深夜の0時から朝の6時限定で出品し、その後、削除したりなど対策を立てています。またTwitterで購入者を募り、そのままメルカリ、ラクマに誘導し、違う名目で出品したものを購入してもらうなどですね。
そうすれば意外とサイト運営側の目は盗める。短時間でバーッと売れますよ」(同前)

「僕は、もうここ2、3週間くらいはSwitchの時間を操作し、ずっとカブ価613ベルをキープしています。
さらに、Twitterで募集するとどんな時間でも僕の島に来たい人が殺到する。外国人とか多いですね。24時間オンライン繋ぎっぱなしで、1日で1000枚以上のマイル旅行券を集めた時もあります。これを溜め込んで一気に売り捌く。
Twitterなどで募りながら、ラクマで販売しています。

最近は値段が少し下がり100枚500円ほどですが、以前は100枚1000円ほどで売れていた時期もありました。
これを朝まで販売すると多いときは4000枚以上も売れる日があります。3、4時間で3万円ほど売り上げたこともある。今まで合計40万円以上は売り上げていると思いますよ。

買い手は様々ですね。Twitterで見ると、ドハマりしているような大学生やOL、たまに高校生も買ってくれていますね。
子供向けのゲームではありますが、アイテムを買うのは大学生以上がほとんどかな」(B氏)

B氏にとっては「割の良いアルバイト感覚」だと話す。

「自分自身、楽しんでプレイしていたのですが、途中から飽きてしまって。今はもうお金を稼ぐというイメージでやっていますね。
特に犯罪をおかしているわけでもないし、需要があるから売っている。携帯ゲームでいう課金ですよ。アイテムを集めるなど面倒な作業を課金でどうにかしたいと考える人が多い。

それでもコロナでバイトも外出もできない今、かなり良い稼ぎだと思いますよ。コロナで仕事やバイトがなくなり、ウーバーイーツのデリバリーバイトをする人が増えている。
僕もそれを考えました。しかし、ウーバーより短時間で数倍稼げるのでこっちの方が割がいいなと思っています」

A氏もB氏も、「規制強化でマスクがネットで転売できなくなりましたが、しばらくはこれで行けますね」と笑顔を見せていた。


https://bunshun.jp/articles/-/37623?page=1
2020/05/04


【【ゲーム】『あつ森』で40万円稼ぐ」転売ヤーにゲームアイテム取引のウラ技を直撃 ・・・】の続きを読む



1 jinjin ★ :2020/05/02(土) 18:27:11.61

指原莉乃「あつ森」で仮想握手会 アイドル時代の衣装でお出迎えに「最高すぎる」

元HKT48でタレントの指原莉乃(27)が2日、Nintendo Switchのゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」を使ったバーチャル握手会を開催したことを、自身の公式ツイッターで報告した。

「-どうぶつの森」は架空の無人島で農作業や釣り、家の室内装飾など、思い思いの生活を楽しめる人気シリーズの最新作。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自宅待機の時間が続いていることもあって、ダウンロード版だけで世界累計500万本の売り上げを記録している。

同ゲームのファンでもある指原は、他のユーザーを島に招待できる通信機能を使って、ユーザーを募り、疑似握手会を開催。
自身のソロ曲「それでも好きだよ」の衣装を模したピンクの服を着たキャラクターで、訪れたキャラとの交流を楽しむ画像をアップした。

実際の握手会レーンと同じような長テーブルを設置するなど、高い再現度の「握手会」の模様を披露した。

指原は「握手会ごっこ。変な言葉はBANされてリテラシーしっかりしてる任天堂さんと察しのいいファンに感謝」とツイート。
ファン思いの指原らしいアイデア企画に、「バーチャル握手会良いね」、「それ好きの衣装きて握手とか最高すぎる!!いきたい!!」などと多くの返信が寄せられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-00000170-spnannex-ent

(出典 i.imgur.com)


【【芸能】指原莉乃「あつ森」で仮想握手会 アイドル時代の衣装でお出迎えに最高すぎる・・・】の続きを読む



1 黄色いゾウ(宮城県) [US] :2020/04/29(水) 22:07:28.48


文明興亡ストラテジー『Old World』2020年5月5日早期アクセス開始ー1ターンごとに王国の1年が過ぎゆく

Mohawk Gamesは文明の興亡をテーマにしたターン制ストラテジー『Old World』の早期アクセスを5月5日から
EpicGames Storeで開始すると発表しました。合わせてトレイラ―も公開しています。

本作は『シヴィライゼーション4』などのリードデザイナーを務めたSoren Johnson氏による史実に基づいた
ストラテジーで、1ターンが1年に相当し、君主には寿命の概念があります。君主は子をもうけ後継者は王座に
つくに相応しい人物であることを証明しながら、王朝のクリアすべき10の野望を達成し勝利を目指すという
内容になっています。

『Old World』は2020年5月5日からEpic Gamesストアで早期アクセスを開始し、リリースは2020年夏を予定しています。
価格は4,180円です。


(出典 www.gamespark.jp)


(出典 www.gamespark.jp)


(出典 www.gamespark.jp)


(出典 www.gamespark.jp)



(出典 Youtube)


https://www.gamespark.jp/article/2020/04/29/98676.html


【【ゲーム】civに似た新しい戦略ゲーム誕生! 1ターン1年、寿命があり後継者を作りながら王朝を発展させる・・!】の続きを読む



(出典 irohanihoheto.bloggle.jp)



1 ストマッククロー(SB-Android) [US] :2020/05/02(土) 06:26:17.54


「人類の最底辺だ!」台湾で開発“コロナ不謹慎ゲーム”に中国ゲーマーブチギレの理由
5/2(土) 6:00配信

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200502-00037574-bunshun-int

(出典 amd.c.yimg.jp)


 近年、中国大陸と香港(さらには香港をサポートする台湾)の若者同士の感情的な対立はどんどん強まっている。それが特に爆発しやすいのがインターネット空間だ。

 とはいえ、大部分の海外製のウェブサービスへのアクセスがブロックされている中国大陸の若者と、接続規制のないネット環境を享受している香港や台湾の若者とでは、日常的に出入りするウェブサービスが異なる。Twitterでは親体制的な意見を投稿する中国人のアカウントも少なからず見られるが、彼らは「五毛」と称される当局のネット工作員も多く、しばしば無視されてしまっている。

 だが、リアルな中国人と、リアルな台湾・香港人の若者がオンライン上で接触せざるを得ない空間も存在する。それはゲーム関連のサービスだ。特に香港で大規模な反政府デモが発生した昨年夏以来、ゲームの空間内やファンコミュニティ内における中国大陸と香港・台湾の衝突はエスカレートするばかりだ。

コロナを拡散させる“不謹慎ゲーム”とは?

Steam上の『コロナウイルス・アタック』の販売ページより。いちおう、人類を絶滅させるゾンビウイルスを倒すための正義のウイルスという扱いだが……アウトである(笑)
 たとえば今年4月後半、中華圏で大いに話題を集めたのが、台湾のゲーム開発グループMythZsGameが開発した『コロナウイルス・アタック』である。アメリカのValve社が提供しているゲームプラットフォーム「Steam」上で販売されている、ダウンロード専用のソフトだ。

 Steam内での説明文によると「感染すると自分勝手なゾンビに変わるゾンビウイルス」の蔓延を食い止めるために、コロナウイルスを操ってゾンビたちを倒す……という設定のシューティングゲームである。

 プレイ動画を確認する限り、『コロナウイルス・アタック』のグラフィックは約四半世紀前のスーパーファミコンソフトといい勝負。ゲーム性もかなりシンプルで、実質的には同人ゲームに近い。

 いっぽう、ゲーム中において、赤い背景に黄色いコロナウイルスが登場する画面は、インターネット上で流布されている五星紅旗(中国国旗)のコロナコラージュ画像とそっくりだ。

 また、ゲーム中の合言葉には「秘密の数字198964」「台湾は中国ではない」「光復香港時代革命」「新疆を釈放せよ」「FREE TIBET(チベットに自由を)」などが使用され、ソフトの価格も台湾元で「64元」となっていた。

 もちろん「光復香港時代革命」は香港デモのスローガンだ。また、中華圏で「8964」や「64」といった文字列は1989年6月4日に発生した六四天安門事件を意味しており、中国大陸ではタブーワードとなっている。

 往年、日本でもデジタル空間の利用者たちのお行儀が悪かった時代には、地下鉄サリン事件がモデルの『霞ヶ関』や香港返還がモデルの『香港97』など、時事問題をテーマにした数多くの不謹慎ゲームが作られた。今回の『コロナウイルス・アタック』もその一種とみていいだろう。


【【ゲーム】 SPECIAL天安門みたいな台湾のコロナウイルスジョークゲームに中国人がブチ切れ!】の続きを読む

このページのトップヘ